介護資格は、有ると便利です。

人気の介護資格、介護福祉士

介護資格といっても、その中には沢山の資格があります。中でも人気の国家資格が介護福祉士です。国家資格であることによる人気はもちろん、就職にとても有利ということで取得を目指す人が多いのです。高齢化社会により需要がとても高まっているのが訪問介護の仕事です。訪問介護の資格は、初任者研修、もしくは、実務者研修、介護福祉士の資格を持っていない人は行うことができないのです。

資格の強みとしては「その資格を持っている人でないとできない仕事がある」ということです。難易度は、初任者研修と実務者研修が比較的やさしくて、初任者研修は確認するための筆記試験だけです。両方ともしっかりと授業を受けていれば問題はないレベルです。介護福祉士の合格率は平均して50%〜60%程度です。

他の国家資格と比較すると、合格率が高い傾向にあります。介護支援専門員においては、介護福祉士がめざしていく資格という位置づけで難易度は高い傾向にあります。介護福祉士の資格を目指したい人は専門学校に行くことが近道になります。卒業と同時に介護福祉士資格が取得することが可能だからです。専門学校に行かなくても働きながら介護福祉士実務者研修を受けたのちに介護福祉士へとステップアップしていく人も多くいます。

オススメワード

Copyright (C)2018介護資格は、有ると便利です。.All rights reserved.