介護資格は、有ると便利です。

ホームヘルパーになるための介護資格

体が不自由で第三者の介助がなければ生活ができないお年寄りや障がい者を介護するのが介護のプロであるホームヘルパーの仕事です。ホームヘルパーは、施設で働く施設ヘルパーと、家庭に出向いて働く訪問ヘルパーがいます。施設ヘルパーはグループホームや特老、福祉施設などで、お年寄りや身障者が自立した生活ができるようにサポートをしています。食事の世話をしたり着替えを手伝ったり、お風呂や排泄を介護したり、レクリエーションやイベントで楽しく生活できるように盛り上げたりといったのが具体的な仕事です。訪問ヘルパーも同じように身体の介護の仕事もありますが、料理を作ったり洗濯や掃除をしたりなど家事のサポート的な仕事もあります。

施設ヘルパーは勤務時間が決まっていますが、訪問ヘルパーは仕事が入ったときだけ一日2時間〜4時間くらい勤務をします。施設ヘルパーになるにしても訪問ヘルパーになるにしても、介護資格として介護職員初任者研修を持っておくと便利です。介護職員初任者研修はホームヘルパーとして働くなら持っておけば役立つ資格です。無資格でヘルパーとして働くよりもずっと時給がよく、無資格の人よりも月給でいえば3万円くらいの差がでます。

オススメワード

Copyright (C)2018介護資格は、有ると便利です。.All rights reserved.