介護資格は、有ると便利です。

新しくなった介護資格の入り口には

確か一昨年前までは、ホームヘルパー2級と呼ばれていた資格は、今は名称が変わり、介護職員初任者研修という呼び方になっています。研修という言い方で終わるところに、どうもきっちりした感じがしないのは私だけではないと見え、いまだに数多くの求人募集広告でホームヘルパー2級と書かれています。こちらの方が、介護資格としておなじみだということもありますが、明確にどんな資格であり、何級であるかがわかっているところが理解しやすいのだと思います。その点で、介護職員初任者資格でよかったのではと思ったりもしてしまいます。

名称はさておき、資格取得のための勉強も、受講料の額も変わってしまったそうですが、メリットとして、取得のために要する時間が短くなり、カリキュラムも受けやすくなったと聞きます。その反面、資格取得にかかる費用は上がったそうで、これは消費税増税とも相まって、何かが変わると金額があがってしまうのはやむを得ないところでしょう。私としては、認知症の父の介護のためにもしかするとこの先、資格取得を考えるかもしれないことを思うと、多少費用が高くなったとしても、短期間により取得しやすい内容になってくれたことの方が、介護資格を取ろうと決意できそうに思います。

Copyright (C)2018介護資格は、有ると便利です。.All rights reserved.