介護資格は、有ると便利です。

2013年に廃止された介護資格

介護資格の一つとしてホームヘルパーという資格があり、訪問介護員とも呼ばれており、高齢者や体に障がいをもっている人のために、自宅にうかがい食事や、入浴、排せつなどの介助や生活の援助をするのが業務としてあったのですが、2013年にホームヘルパーという資格が廃止され、介護職員初任者研修という資格に変わりました。

ホームヘルパーの資格は、各都道府県から指定を受けた事業者が、実地している訪問介護職員養成研修課程のスクーリングや、実技を受ければ資格を習得することができましたが、介護職員初任者研修の資格に変わったことで、ホームヘルパーの資格を習得するよりも、実技やスクーリングの時間が増えるだけでなく、試験を受け合格しなければ資格を習得することができなくなりました。この資格は、高齢者が増えてきた超高齢化社会における日本において、介護の職につくための複雑であった資格を整理するためであったり、より介護について深く勉強し知識や技術を身に付けてもらうために資格を改定したものです。2013年の廃止より前にホームヘルパーの資格を習得していた人は、ホームヘルパーから介護職員初任者研修にそのまま資格が移行し、そのまま働くことができます。

オススメワード

Copyright (C)2018介護資格は、有ると便利です。.All rights reserved.