介護資格は、有ると便利です。

就職の味方になる介護資格

これから就職に強い資格を身につけたいなら介護資格がおすすめです。介護資格は高齢者や身障者が利用している福祉施設や介護施設への就職に強い味方になってくれます。介護施設は全国にあり、介護資格は全国にある介護事業所で通用します。高齢化社会になり介護資格はこれからますますニーズが高まっていくと思われます。初めて介護資格を取るなら「介護事務」や「介護職員初任者研修」などがおすすめです。どちらも難易度が低く、初めて介護の勉強をする人もチャレンジしやすい資格です。

特に介護職員初任者研修は、介護の世界でキャリアアップ、年収アップしたいなら取っておくべき資格です。介護職員初任者研修を取得してホームヘルパーとして介護施設で3年以上働けば、介護福祉士の国家試験の受験資格が取れます。介護福祉士は介護事業所には欠かせない存在で、ホームヘルパーよりも好条件で働けます。国家資格なので信頼度が高く、いろんな介護施設で求人があります。さらに介護福祉士からケアマネージャーにステップアップすることもできます。ケアマネージャーになるとさらにステータスが高くなり、介護事業所で働く従業員たちに支持を与える立場になって働けます。

Copyright (C)2018介護資格は、有ると便利です。.All rights reserved.