介護資格は、有ると便利です。

介護の専門家になるために取得したい介護資格とは

介護業界で働く人の中で、介護福祉士という資格を持つ人がいます。介護を必要とする人に対して日常生活動作の介助や介護を行う資格ですが、同じような仕事内容の資格でホームヘルパーというものもあります。この二つの介護資格は何が違うのでしょうか。

まず、ホームヘルパーは短期間の講習と数日の実習を行うことによって得ることができる認定資格です。対して介護福祉士は介護業界での実務経験が5年以上、または専門の養成学校を卒業することで国家試験の受験資格を得て、合格することで初めて得ることができる国家資格になります。この違いは大きく、介護福祉士は介護についての門的な知識と技術を学んだ専門家ということになります。そのため、介護の現場でも介護福祉士の指示の元にヘルパーが動くことも珍しくなく、給与に関しても差が生まれます。

ただし、実際の現場では仕事内容については大きな違いがあるわけではありません。しかし、介護業界で仕事していくためには介護福祉士はホームヘルパーの上級職であるため、ヘルパーから介護福祉士を目指す人も多いです。また、上記の通りホームヘルパーは認定資格ですので、就職の際も国家資格である介護福祉士の資格が有利に働くこともあります。いずれの場合も、長く介護業界努める場合、介護福祉士を取得するのが理想と言えます。

オススメワード

Copyright (C)2018介護資格は、有ると便利です。.All rights reserved.