介護資格は、有ると便利です。

臨床心理士の介護資格について

臨床心理士の介護資格について、その概要と仕事内容、資格の取得方法などを交えながら説明いたします。臨床心理士とは、精神疾患を持っている患者やストレスに悩む社会人や学生などを対象に、相談や援助を行いながらストレスを解消したり、うまく付き合う方法を模索する役割がある心理学の専門スタッフです。学校においてはスクールカウンセラーという立場で、学校内のストレスの対処を行ったり、会社においては心理カウンセラーとして会社におけるパワーハラスメントやセクシャルハラスメント、コンプライアンスに関する悩みなどに対処する役割があります。

臨床心理士の資格を取得するには、財団法人である日本臨床心理士資格認定協会が主催する資格試験に合格する必要があり、資格試験を受けるには受験資格を満たす必要があります。受験資格としては、医師免許を保持している者で、医師免許取得後に二年以上心理臨床の実務経験を積むことや、大学院の心理学に関する研究室で、心理学を専攻する博士課程前期課程か修士課程を経た後に一年以上の心理臨床の実務経験を積んだ者など、ハードルが高い条件となっているのが特徴的です。このような難易度が高い条件をクリアした臨床心理士のニーズは医療現場でも需要が高く、求人案件も安定しています。

オススメワード

Copyright (C)2018介護資格は、有ると便利です。.All rights reserved.