介護資格は、有ると便利です。

作業療法士の介護資格について

作業療法士の介護資格について、その概要や仕事内容、資格の取得方法などを交えながら説明いたします。作業療法士とは心身に障害を持ち、日常生活に支障がある方や、要介護状態で社会的な生活が困難な人を対象に、園芸や手芸、その他の試みを持って、社会生活に戻れるようなサポートをする役割をもったスタッフです。作業療法士の活躍するフィールドとしては、障碍者福祉施設や老人保健施設など、日常生活において障害を持っている対象者が集まる施設がメインとなっており、一日の中で様々なアクティビティを催すことで、対象者の社会への復帰の一助になるべく活動をしています。

作業療法士を資格を取得するには、資格試験に合格する必要があり、受験資格も設定されています。作業療法士の受験資格は、大検を取得しているか、大学生になれる資格をもっており、文部科学大臣が指定する作業療法士に関する学校および、厚生労働大臣が指定する作業療法士を養成する施設などで三年以上所定の課程を修了した者が対象になっています。重要な国家資格としての一面もあり、求人においては常にニーズがある資格となっているうえに、今後の高齢化社会が深刻化する日本においての需要はますます増加傾向にあると見られています。

オススメワード

Copyright (C)2018介護資格は、有ると便利です。.All rights reserved.