介護資格は、有ると便利です。

取りやすい介護資格の種類

介護資格には大きく分けるとホームヘルパーなど実際に高齢者を介護する人材を育成する資格と、介護事務などのデスクワークとして働く人材を育成する資格があります。ホームヘルパーを育成する資格として知られているのが「介護職員初任者研修」です。介護職員初任者研修はホームヘルパー2級と同じレベルの資格で、違う職業からホームヘルパーに転職したい人や、無資格でヘルパーとして働いていて資格を取って時給を上げたい人などが受験しています。資格取得はそれほど難しくなく、最短で1カ月ほどあれば研修を終えて資格を取得できます。研修最終日に筆記試験がありますが、不合格でも有料で何度でも再受験ができます。

介護事務の資格はもっと簡単に取得できます。介護事務とは介護事業所で介護報酬請求業務を行ったり、多忙なケアマネージャーを支える仕事をしています。基本的に資格がなくても就業できますが、介護報酬請求業務は専門的な知識がいるので資格の勉強をしておいたほうが役立ちます。介護事務は試験というものがなく、テキストを使って自宅学習をし、添削課題を提出してクリアするだけで取得できる認定資格です。急いで取りたければ最短3日もあれば取得できます。

オススメワード

Copyright (C)2018介護資格は、有ると便利です。.All rights reserved.