介護資格は、有ると便利です。

暮らしやすさをアドバイスできる介護資格

介護資格の一つとして福祉住環境コーディネーターという資格があります。この資格は、高齢者や体に障がいをもった人達のために、住みやすく自立のしやすい環境や、生活のしやすい家を建てる際、リフォームする際に健常者の観点からではなく、高齢者や障がいのあるかたの観点から、住宅の改修を行うために必要な知識を身につけた事を、証明することができる資格です。

福祉住環境コーディネーターの資格を習得するには、受験資格や実務経験は必要なく、誰でも受験することができるのが魅力の一つでもあります。三級から一級まであり、三級は高齢者福祉に関する知識や住宅の基礎知識が出題され、二級は福祉と住環境の幅広い問題が出題され、一級は福祉だけでなく、建築分野の専門知識などの問題も出題されるため合格率がとても低い級となっています。また、二級以上の資格を持っていれば、介護保険サービスの住宅改修を受ける際に、書いて提出しなくてはいけない理由書を、書くことができるといったメリットがあります。

福祉住環境コーディネーターは、福祉や介護関係の仕事をしている人だけでなく、建築や建設の仕事をしている人にも、生かすことのできる資格でもあります。

オススメワード

Copyright (C)2018介護資格は、有ると便利です。.All rights reserved.