介護資格は、有ると便利です。

介護福祉士の介護資格について

介護福祉士の介護資格について、その概要や、特徴、仕事内容、資格取得方法などを交えながら説明いたします。介護福祉士とは介護分野における専門的な知識やスキルを持ったスペシャリストであり、社会福祉士介護福祉法における国家資格として有名です。介護が必要な身体上の障害を持っていたり、精神疾患などで苦しむ人に対するケアやサポートをする業務と、介護が必要な方の家族や親族に対する介護面の指導、その他にも福祉機器や器具などのアドバイスを行うのも仕事内容になっています。日本の高齢化社会はとどまることを知らない状態ですので、今後の介護ニーズの上昇に対応するためにも、質の良い介護スキルを持った介護福祉士の活躍が期待されています。

介護福祉士の活躍するフィールドはとても多く、病院や老齢保健施設、介護関連施設や障害者支援施設などが職場となり、また自宅介護を求める方の増加から、訪問介護のスタッフとしても活躍の場があります。介護福祉士の資格取得には資格試験に合格する必要があり、その資格試験を受験するための条件は年々厳しくなってきています。2014年度までは3年以上の介護に関する実務経験を積むか、福祉関連の専門学校を卒業することが必要でしたが、2015年度からは実務経験で受験するための条件に付加して、国が定めた養成施設で半年以上の研修を受ける条件が足されました。このように介護ニーズの上昇と共に、質の良い介護サービスを提供できる介護福祉士が必要となっています。

オススメワード

Copyright (C)2018介護資格は、有ると便利です。.All rights reserved.