介護資格は、有ると便利です。

介護職で働くなら介護資格を取得しましょう

介護資格の中でヘルパー資格がありますが2013年3月にヘルパー2級が廃止され4月から新資格として介護職員初任者研修が始まりました。4月以降からホームヘルパーの仕事をするには介護福祉士(国家試験)介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)介護福祉士実務者研修が必要になってきます。尚、すでに旧資格を取得している方は訪問介護を継続できます。老人ホームなどの施設で介護職をする場合には訪問介護にあたらないので必ず資格が必要ではないですが、ただ就職には資格があると優先的に採用されるようです。そして介護職でキャリアアップを目指すなら国家資格の介護福祉士を目指すことが必要ですが介護福祉士の資格を持っていると初任者研修の資格を持っている人よりも収入面が増えたり採用の順位も格段に上がります。

介護福祉士は福祉系の高校や専門高や大学で国家試験を受けるやり方と仕事をしながら3年間実務経験を積んで研修から国家試験を受けるやり方があります。そして介護職員初任者研修では国家試験がなく取得も難しくありません。2,3ヶ月程の介護資格学校に通い確認テストのような筆記試験を受けて合格すると終了になります。またどの資格学校で学ぶかは授業料やサポート面が各々違うので情報を集めて自分に合っていると思う学校を選びましょう。

Copyright (C)2018介護資格は、有ると便利です。.All rights reserved.